コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:クリニックでの治療( 97 )

東海大での検査結果

検査から2週間。
今日も早起き(4時半…)して東海大に検査結果を聞きに。

木場で引っかかった
凝固系の詳しい検査の結果です。

結果は
今日の青空のように
すっきりきれいなもんでした!

「不育ではありません と断言しますよ~」
と 先生のお言葉。

わ~…よかった…


先生は
「次の妊娠は80パーセントうまくいきますよ」
とも おっしゃってくださいました。
(つまり着床した受精卵に染色体異常がなければ大丈夫 ということですね)

とりあえず
ほっとしました。
はっきりさせて良かったです。


木場の検査でちょっとだけ高かった
NK活性は 東海大の先生は 「ストレスのせいでしょう」と
まったく問題にしなかったので
それについてどうしよう?と 
旦那ちゃんが帰ってきたら相談しなきゃ(ただいま旦那は海外出張中)。

今日行くまでは 
もう一度木場でNK活性だけ念のため再検査してもらおうかね~とも
二人で話していたんだけど
不育の第一人者の先生に「大丈夫」って太鼓判を押してもらったのに
その上さらに念を押す必要もないような気がしてきた。

まだ次の周期まで間があるから考えよう。

うまくしたら
次の周期でプラノバール飲んで 3月に採卵できるかもな♪
ううん楽しみ♪♪


ちなみに今日は
前回行ったときより先生優しかったな~。
先生も人の子ですもんね。
1度会っただけで人を判断しちゃいかんですな。
でも 前回はちょっと「ええ?!」って反応をされて
ちょっぴり悲しくなっちゃった自分の気持ちも別に軽んじないけどね。
いずれにせよ貴重なセカンドオピニオンを提供してくださって感謝です。
丁重にお礼を言って ほっとしながら帰ってきました。
[PR]
by maroony | 2007-02-01 12:56 | クリニックでの治療

心理カウンセリング

昨日あたりから
朝から何でかしらないけど
ぽろぽろ涙がこぼれるので(ひさしぶりに…)
速攻電話を取って KPCの心理カウンセリングを予約。
今日の午後行って来ました。

カウンセラーさんとも顔なじみというかんじで
(おぼえていてくれた)
一時間みっちり ふだん話せないような話をしてきました。


術後3度目の生理が来て
またまた重め…
それもあって心が混乱気味なのでした。



涙でアレコレ流して またがんばろうって気持ちになりました。
[PR]
by maroony | 2007-01-19 17:57 | クリニックでの治療

行ってきました

朝5時起きして東海大学病院に不育のセカンドオピニオンを
聞きに行ってきました。
帰ってきたら今の時間…(3時)
遠いところの病院に通うのは やっぱりたいへんですね~。

大学病院のでかさや施設の綺麗さ システム等を
ものめずらしく思いつつ受診。

S先生はネットでの噂どおり白衣は着てらっしゃらなかったです。
そういや 大学病院の先生ってこういう喋り方だったなぁ…とか思いつつ
経緯をお話。

私の場合 2回の流産のうち1回は胎児側の問題なので
不育かどうかは「?」だそうです。
NK活性は「ストレスだからね~」
凝固系でひっかかった値は
「試験管の中で固まった血について数値が拾ってしまうこともある。
採血した手技に問題があるばあいも」
とのことでした。

で結局

「あちらではピシバニールをすすめられたのか…うーん…
うちなら あなたには不育の治療はしないですけどね。どうします?」
と聞かれたので 
え~ どうしよう…と口ごもっていると
「せっかくだし まだやってない詳しい項目の検査、採血でできるからやっていく?」
「はい。せっかく来たので。流産が続くと安心材料が欲しいんです」
「そうだよね」
ということになり。

ひっかかった凝固系で やってない検査をお願いすることにしました。
採血室で5本ほど。
でっかい病院なので
地下一階に採血だけをやってるコーナーがあって
銀行の窓口みたいなところで 番号を呼ばれて採血。不思議な気分…

結果がでるのは2週間後。

これで何もひっかからなかったら
ピシバニールを木場でやるかやらないか?ってことになるのかな。
それって自分達で決めなくちゃいけないのかしら…
うーーーん……

また考えすぎても
胃にもNK活性にもよくなさそうなので
旦那と相談したあとは
とりあえず2週間は何も考えるの よそうと思います。
[PR]
by maroony | 2007-01-17 15:37 | クリニックでの治療

不育症の検査結果

クリニックで不育症の検査結果を聞いてきました。

標準値外だった項目が二つ。

 
TAT(EIA) 5.4ng/ml(基準値3.0以下)
NK細胞活性 49%  (基準値18-40)


TATって…泣き顔の顔文字みたいですね(笑)…ってそんなことはさておき…
血液凝固に関する検査みたいですが 詳しいことはわかりません。
先生いわく「これはあまり関係ないかも」とのこと。

NK活性については
「この値も少し高いだけだけどね…治療するとしたらピシバニール療法になりますね」
とのこと。

ピシバニールならスタンダードな治療かな~とは思ったけれど
検査結果が少しでも陽性を示すなら不育専門病院にかかろうと
検査するときから決めていたし
凝固系についての詳しいことも知りたいなぁと思ったので
セカンドオピニオンを取りたい(または他院での治療をする)
旨院長先生にお願いすると 
快くOKしてくださいました。
「当たり前のことですよ。
専門のところでしっかり調べていらっしゃい」
とおっしゃっていただけて。
ありがたかったです。
ついでにあつかましく東大はどうですか?と聞くと
「あそこはピシバニールじゃなくてリンパ球治療がメインかな」

…そっか~。
家からまあまあ近いし妊娠したあとも通えそうでいいかな と一番手に思っていたけど
リンパ球移植はあれこれ調べると正直ちょっと古い治療のような印象。
夫の出番がある治療のようだし…無理かな…。
夫はこれから出張続きで そのために精子凍結もオーダーしたくらいなのだ。

ちょっぴり遠いけどやっぱりその道の権威のひとつでもある
東海大に行くのがベストな気がしてきました。
2年前の記述だったから今はどうかわからないけど
ここでしかできない検査があるようだし
妊娠後はつながりのある都内の国立成育医療センターというところに
紹介もしてもらえるらしい(とネットで勉強した)
妊娠後に通えるかどうか心配だったけど…それならいいな♪

旦那ちゃんともよく話して そういう方針でいくことに決定。
今日にも電話だ~。


もちろん検査で何もでないのが一番だったけど
想定できたことだったので 特に焦りとかはないです。
まあ 不妊・流産・不育 とついにトリプルパンチだなぁ~~とは
苦々しく思わないでもないけど
仕方が無いものねぇ…。
誰かと比較をして悲しむのは もう自然にやめることができてます。
悲しむこと自体がおっくう っていうか(笑)
もうそんなことで体力使いたくな~い。
自分をいじめるのも もう嫌~。


不育の対策を取っているあいだに ついでに胃をゆっくり治せばいいから
これはこれでいいや。
やるべきことが増えちゃったけど
倒すべき敵!だとかって構えずに 
流れに任せてのほほんとがんばりましょう。
NK活性ってストレスとの関連もあるらしいしね~。
緊張しやすいストレス感じやすい性格だけど
出来るだけリラックスリラックス…。
幸い胃以外は結構調子もよいし。
今周期の基礎体温なんてほれぼれする出来。
明日か明後日 また生理が来る予定。
がんばろ。

でも胃はまだまだ…
クリニックで待ってる間は
検査結果がちょっと気になったり
先生に言うべきことをちゃんと言わなきゃいけない緊張感で
胃きりきりしちゃいました。
あかん。
でも だいぶん大人らしく
お医者さんに聞きたいことや言いたいことがいえるように
なってきたな~と自己満足。
最初は微妙にびびってたからな~…
[PR]
by maroony | 2007-01-16 06:37 | クリニックでの治療

今年の治療 終了~

クリニックで不育症検査のための採血。
空腹だし 量が多いのでベッドで採血してもらう。
8本取った~。
お腹ぺこぺこだったので 終わって速攻スタバへ。
キャラメルドーナツを食べてみた。普段ならちょっと甘いだろうけど…旨!
おなかは満足。
でも どーも体調がいまいち。
なんだかイライラするし 疲れたかんじ。
今週はちょいと頑張りすぎたかな~?
それかPMSかもしんないな。

これで私の年内の通院は おしまい。
(検査結果が出るまで3週間ていどかかるので)
夫は明日の採血で おしまい。


今年はいろいろあったけど
年末年始はフツーの人だ!!
楽しく過ごそう♪
[PR]
by maroony | 2006-12-14 17:51 | クリニックでの治療

排卵確認

クリニックで排卵済みかどうかエコー。
きっちり排卵済み♪
そして内膜は8ミリ超えてて 
「きれいですよ」ってことでした。(いつもよりちょっと薄いけど)

今日は院長先生とお話。
染色体が欠けてるのに あそこまで育ったのは不思議だね っておっしゃってました。
逆に染色体が3本ある場合は育つことが多いそうです。

着床して7週まで育ったので
結果的に辛くて悲しい思いもいっぱいしたけど
赤ちゃんはどうしても私に挨拶したかったのかもしれないなー
せめてちっちゃな影が映ったエコーが手許に残ってよかったなー と思いました。
勝手な解釈だけど… 
心を温める受け止め方をしたほうがいいよね。


基礎体温表を見てもらい、
不育の血液検査は明日に決定。
おなかを空かせて朝一番に採血です。(腹の虫の音が心配じゃ~)
体温は今日また36.6℃くらいだったんだけど
それについては特にコメントありませんでした。
低温期との差があればいいのかなー??
まー黄体ホルモンが足りなくても どうせ注射で足すので関係ないから気にしない~。

帰り際
院長先生がカルテのメモを見て
「旦那さん海外赴任なの?」とおっしゃったので
「来年あたりありそうで…そしたら旦那のは凍結してもらって一人でお世話になります♪」って
威勢良く言っておきました。

実際はどうなんのかしら来年?
…って 考えてもしょうがないので成り行き任せです。
たとえ自分に関連する物事でも
自分の制御下に置くことが出来るなんて不遜な考えや
制御しておきたいって欲求は
最近とんと なくなりました。
(前はあったのかよー?!って感じですが)
そのせいで
不安がだーいぶん軽くなったのかな。
行き過ぎて
いい加減になりすぎないようにしなきゃ(笑)

自分のやれる範囲でできることをやるだけ。
ここのところ二の腕はだいぶ締まってきて
きつかったジーンズが普通にはけるようになってきました。
ずっとしなきゃって思ってた仕事の打ち合わせも今年中に2件は片付くし。
(でも あと2件!)
本棚もまあまあ片付いた。
じわりじわりアレコレ進めているから この調子でOK。
[PR]
by maroony | 2006-12-14 17:47 | クリニックでの治療

ひさしぶりのクリニック

10時半からの予約だったのに
クリニックを出たのは…な、なんと15時半!!!
…ご ご 五時間…新記録樹立…ふ、ふふふふふ…
もう 嫌だとかお腹減ったとか そういう感情が途中で麻痺して
最後のほうなんか変にハイでした。
帰ってきたら どっと疲れたけど
急ぎの仕事もないし まー大したことないです。


子どもの染色体検査結果が出ていました。
21番染色体が一本しかなく、染色体異常のための流産とわかりました。
ちなみに女の子。
産んであげられなくて可哀想だったけれど
染色体はどうしようもないんだよね…ごめんね。
それでもあなたは私のかわいい子どもだからね~いいこいいこ。


これで 今回の原因は私のほうにはなかったことになります。
だけど一回目は子どもの染色体検査をしなかったので
やはり念のために不育の検査をリクエスト。
(話を聞くと検査項目も細かかったし とりあえず木場で)
血液検査だけでも10万円かかるそう。
必要なら子宮鏡検査もあるらしい。

でも…
素人考えだけど
今回の子どもの検査結果を踏まえると
不育にはあてはまらない気がしてきた…。
一回目も心拍確認どころか
全く赤ちゃんは見えなかったし…染色体異常だったんじゃないのかな…。
悲しい偶然が重なったのかもしれない。
二回とも染色体異常で流産するのは
100人に1人の確率らしいですし…高いといえば高い確率。

まーとりあえず木場の結果が出てから。
もし陽性か、もしくは陽性に近い数値の項目がひとつでもあったら
セカンドオピニオンを聞くなりなんなりしよう。


子宮や卵巣は回復していました。
卵巣なんて張り切っちゃって左右1こずつ卵胞出来てた!!
1つは2センチくらいになってて
今日はおりものも多いし 健康的な排卵期つーかんじ。
でもまだ子宮を休ませたいから避妊してね って言われちゃったです。
不育検査の結果も待ちたいしね。
あーでももったいなーーい!
いっそ採卵して!!って思いましたよ。
いろいろあったあとだから質のいい卵とは限らないよ、と
自分を納得させていますが。
でもぉ~
もったいないなあ~


次の受診は
来週木曜。
排卵したかどうかエコーです。
今周期の黄体期に不育の血液検査もできるそう。
[PR]
by maroony | 2006-12-08 17:49 | クリニックでの治療

カウンセリングにゴー

こないだのエントリからちっとも泣いてなかったのですが
意外と早くパンドラの箱が開いてしまって
一昨日の夜から涙がまったく止まらなくなっちまい
次の朝も起きるなり涙がぼろぼろだったので
速攻クリニックに予約入れて 昨日の午後にカウンセリング受けてきました。
(私の通っているクリニックでは治療をしてる人は原則無料で
心理カウンセリングが受けられます)

小さな我慢がいっぱい重なって
いつのまにかたいそう苦しくなっていたらしく
一時間思いつくまま泣き続けながら話をしつづけました。

話してるうちにどんどん楽に…
そんなに溜め込んでる自覚、なかったんだけどね。
まあ心の負担はかかっているの、当たり前か。

カウンセラーさんは ただただ受け止めてくれて
異論も意見も一切はさまない。
旦那や家族、友達と話をするときと違って
気を使わずこちらだけ一方的に思いつくままにわがままに話した。
そんな場って日常にはほとんどない。
他人じゃない人たちには 心配かけたくないし 遠慮してしまうから
あんなにわんわん泣いたり 自分勝手に話なんかできない。
ありがたかった。

終わったら
なんかこー
汚い気持ちを全部吐き出せて
自分で気に入ってる自分に戻れた気がした。
なかなか泣けない変な状態が続いてたので
いっぱい泣くことができて 普通の感情が取り戻せたかんじもした。

誰かに話を聞いてもらいながら泣くのって
すごい効果…
家で一人で泣いてると
思考が堂々巡りになってずっと苦しいんだけど。


また限界になるまえに行こうかな。
ほどほどに元気な時ってちょっと敷居が高いんだけど
そういうときにちょくちょく行っていた方が
今回みたくせっぱつまって爆発!てことにならずにすむだろう。


「普段ちょっと感情の箱の蓋を閉め気味で暮らしてる
(街で妊婦さんを見かけても なるべく何も感じないようにしてる とか…)
と思うので
たまに蓋をあけて こうやって話をして 涙で箱の中をお掃除しに来て下さいね」
と言ってもらいました。

思い切って行って良かった。
[PR]
by maroony | 2006-11-07 23:24 | クリニックでの治療

術後検診

今日は術後検診。
エコーのみ。
経過は順調。

手術の日に
「内膜をとりすぎないように手術したから
しばらく出血するかも」
と言われたのに
最初の1・2日にほーーんの少しの出血しかしてなくて
かえって心配になったので先生に質問。
エコーで診るとOKだし 大丈夫みたい。
この先またちょっと出血するかもしれないけど
お腹に激痛が走ったり、大量の鮮血が出たらすぐ来てね ってことで。
それ以外は大丈夫だそう。

前回は術後一ヶ月ぐらいずうっと茶オリだの鮮血ちょびっとだの出ていたので
こういうのは毎回違うもんだなあと つくづく。

赤ちゃんの検査結果は
アメリカに検査に出しているので3~4週間かかるんだそう。
ちなみに費用は約5万円。
性別もたぶん教えてくれる。
「結果が出たら郵送してもらえますか?」ときくと
万が一の郵便事故があった場合を考えて
郵送には応じない方針とのこと。
うん確かに他の家にもし行ってしまったら嫌だな…と納得。

次は生理が来て、終わったら来てね って言われました。
前回は2ヶ月経っても来なくて
結局プラノバールもらったんだけど 今回はどうかな?
2週間で来る人もいるって話でした。

いろいろ質問する私に
やる気モードを感じたのか
先生は
「リラックスとはなかなか行かないかもしれないけど
しばらくは ゆっくりお休みして それから またがんばったほうがいいと思うよ」と
おっしゃりました。

不育症の権威の先生のHPにも
流産の直後は子どもを亡くしたことを忘れようとするより
きちんと悲しんであげたほうが
その後の子宮内環境が良くなって次の良い結果につながる…てなことが
書いてありましたし…
次の生理までは ゆっくりゆっくり…ですね。

それにしても手術してから私 
泣いてない…いいのか…?
自己防衛機能が働いちゃって
悲しさに蓋されてるのかな…?
悲しいどころか
亡くした子どものことを考えられないというかんじ…。
直面できないかんじ。

うーんでも どうしようもないので
自然に任せていようかね…。


久しぶりに今日は化粧品をちょこちょこと買ってみた。
お財布と相談しながらの プチ衝動買いを
しばらくの間 ちょっと自分に許そうと思う。
肌荒れしてるし 太っちゃったし。メンテメンテ。
ちょっと立ちくらみが気になったので
鉄のサプリも買って来たよ。
来週からは 無理ない範囲でお弁当も作って
旦那ともども 健康になろう。
[PR]
by maroony | 2006-11-02 19:46 | クリニックでの治療

願いは届かず…

今日の診察の結果
やはり稽留流産と診断されました。
明日 子宮の中を綺麗にする手術を受けてきます。

エコーで何度も丁寧に診察してくださいましたが
胎嚢も胎芽も月曜と同じサイズ。
念のため小さな小さな胎芽に心拍がないかどうかも確認していたようですが
やはり結果は残念ということ…

かなり覚悟をしていたし
月曜の時点で悲しみの山をひとつ越えていたので
涙はこぼれつつも比較的冷静にお話を聞くことができました。

今回は2回目なので
赤ちゃんの染色体検査も勧められ
もともと希望していたのでお願いしました。

また 今週ずっと考えたり調べたりしていた
不育症の検査のことも尋ねると
KPCでもやっていただけるとのこと。
すこしでも万全な体制で次に挑戦したいので
できることはすべてやるつもりです。


「どうして私ばかりこんな目にあわなくちゃいけないの?」
って類の
呪詛の言葉を吐こうと思えばいくらでも吐けるし
正直 今そうとう意地悪な気持ちだし
何かに裏切られたようで
むなしいし かなしいし すごくつらいけど
そういうマイナスの気持ちを文字にしてしまうのは
自分のためにならないような気もするので書きません。

だって前に進むしかしかたがないんだもの。
どんなになにかをうらんでも
うらやんでも
私はこのまま自分の人生を生きなくちゃいけないんだもの。

私に少しでも未来への希望を見せてくれようとするかのように
姿を現してくれた赤ちゃんへ
感謝していることだけを書いておこうと思います。
今日も小さいながらも姿が見えて
卵黄嚢のリングもとてもきれいな銀色の円を描いていました。
天使の輪っかみたいに 奇跡みたいに
きれいな円でした。
産んであげられなくてごめんね。
寂しくて最後までしがみついてるあなたを出すことになっちゃってごめんね。
勇気と希望をありがとう。
すごくすごく頑張って偉かったね。
2回連続で辛い結果だけど
着床できるって もう少しだって
あなたのためにも
考えるようにがんばるね…。
おにいちゃんかおねえちゃんか分からないけど
きょうだいとお空の上で仲良くしていてください。
また母ががんばれるように どうか応援してください。


***

どらどらさん
kolibri さん
 
コメントをいただいていましたが
心の余裕がなくてお返事できずにごめんなさい。
寒いのでお体お大事になさってくださいね。


***


しばらくはコメントをいただいても
お返事できないかもしれません。
ごめんなさい。
[PR]
by maroony | 2006-10-27 13:59 | クリニックでの治療