コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2006年 03月 ( 14 )   > この月の画像一覧

判定日 D31

ドッキドキの判定日。


人生初の陽性でした!!!

きょうは4週4日目、とのこと。



いまだに夢見心地…

先週なかばくらいから疲れやすいかも?とか
ちょっとだけむかむかするかも?とか思っていたけど
決め手になるほどの自覚症状はなし。
ただ、前回と違って今回はゆったりした気持ちだった。
旦那とも二人三脚でしっかり悔いなくがんばれた、って思ってた。
結果がどうあれ、そんなに落ち込む感じがしてなかった。


妊娠が出来ただけでも嬉しいけど
かなり舞い上がってるけど
爆発しそうな嬉しさを理性でちょっと抑えてます。
まだまだ超初期。
今日はエコーもなし(まだ見えないから)な位。
10週まで今のクリニックにお世話になります。
ひきつづきプロゲストン50mgを毎日。
エコーで診察が週に1度。

5週で胎嚢(GS)
6週で胎児嚢
7週で心拍
を確認していきます。

心拍が見えれば流産の確率がぐっと減るとのこと。
胚に異常がありませんように、って
祈ることしか出来ません。
日常生活で気をつけることは?って先生に尋ねたけど
特にないですねーとのお答えでした。
(ただ、夫婦生活は12週まで控えるようにって渡されたプリントに書いてありました。
あと看護師さんが、お腹冷やさないようにねーって言ってた)

院長先生がたまたまお休みで、直接お礼を言えなくて残念。
無事に卒業できた日にいっぱい感謝の気持ちを伝えよう。


☆ このまま経過をこのブログで記録していいものかどうか悩みましたが
 (治療後に陽性反応が出た人様のブログで
 ちょっぴり落ち込むことも以前あったので)
 見てくださる方の参考になることもあるかもしれないし
 今のクリニックを卒業するまでは自分でも安心できないので
 エコーのある日だけ書くことに決めました。
 よろしくおねがいします。
[PR]
by maroony | 2006-03-27 16:36 | クリニックでの治療
昨日の出血のことを
注射のときにクリニックで看護師さんに報告。

量と色、お腹の痛みの有無を聞かれた。
量はちょこっと
色は茶色っぽいかんじ
お腹は激しい痛みはなくて、もぞもぞするかんじ
って答えたら
「心配ないですよ。様子をみましょうね」ってお返事。
今日もすこぉーしだけティッシュについたけど
おさまってるみたいで、よかった。

でもまだ、妊娠が原因かどうかは不明。
月曜に分かることだからほうっておきたい…んだけど気になるよ~~ん。


今日は胸の張りもちょっとおさまってきちゃって
寂しい気持ちに……ひさしぶりにネット検索を自分に解禁。
「妊娠初期 胸の張り」で検索したら、案の定、ひとそれぞれ。
すっごい張った人、乳首が敏感になった人、妊娠の途中から張った人、全然張らなかった人…

ちょっと気持ちが落ち着く。

ネットって、紛らわしい情報や体験談が混じってうっとおしい時が多いけど
(振り回されて不安になっちゃう)
今回はひとそれぞれ、ばらばらな体験談に救われました。

今日は、最初からそれを想定して検索を解禁したんだけどもね~。
(そんなら検索必要ないジャン!て?…でも落ち着きたかったからさー)


泣いても笑っても判定は月曜!
土日は旦那ちゃんと遊びに行ってリラックス、です。
[PR]
by maroony | 2006-03-24 20:33 | 治療にまつわること
今朝は体温が37℃オーバー。
昼間以外ではめずらしいなー。
昨日、くたびれて午後いっぱい寝てたりしたからかな?

なーんて思いつつ
クリニックにて注射のあとでトイレに寄ったら
下着のライナーにほんのちょっと茶色のおりものが。
ちょっとピンクっぽい感じでにじんでる…

胚移植後や、妊娠初期に少量の出血があることは
よくあることなので
ティッシュにちょっとつくくらいだったら心配ないって説明は受けてるけど…

良い兆しでありますように…


考えてもしょうがないから気にしないことにしよう。
[PR]
by maroony | 2006-03-23 12:09 | 治療にまつわること
胸がけっこう張ってる~。
いい兆候だといいんだけど。

昨日は双子を産んだ友達の病院へ。
前日まで遊びまくって
なにも気にしてなかったのに
行く直前にちょっとだけナーバスになっちゃって
行くかどうか迷ったけど
行ってみると他の妊婦さんの姿や、赤ちゃんの姿はほとんど見えず
本人たちだけとゆっくり話もできて、ぜんぜん緊張せずにすんだ。

友達は出産まで2ヶ月くらい入院してて
絶対安静状態だったのに
帝王切開の傷も癒えぬまま
急に2人の赤子のお世話に追われてすっごくたいへんそうだった…
生まれてほっとしてるというよりは
小さいこどもたちが心配で…って心境だったみたい。
昨日もそこそこおしゃべりできたけど
もっと話をきいてあげたかったな~。

2人とも抱っこさせてもらって
指を握ってもらって(あかんぼに指をキュッて握ってもらうの大好きなのです)
友達の赤ちゃんはやっぱり他人の赤ちゃんよりうんと
いとしく感じるなぁなんて思ってました。

そして
実際に会ってみると不思議と、
置いていかれた気持ちにも
焦る気持ちにも、うらやましいって気持ちにもならなかった自分が嬉しかった。
むしろ身近に赤ちゃんができて楽しいな、って思った。
人づてに「あの子のとこに子どもできたって」とか
ちょっと距離を置いて聞くほうがつらいみたい…

どちらにしろ、今はちょうどまだ判定前で希望が持てる時期だからかな。
どうか希望が現実になりますように。
[PR]
by maroony | 2006-03-22 09:46 | 治療にまつわること
昨日は午前中クリニックへ。
土曜の午前中なので4時間コースを覚悟していたら
診察内容のせいか、1時間ちょっとでオールクリア!
用意してたココアを飲む暇もなかった。ありがたや…

内膜チェック、ホルモン採血、基礎体温表のチェック。
前回のホルモン値は問題なし。
内膜は11.6ミリ。でも場所によってすごく厚みがちがう。
基礎体温は問題なし。
胚移植の朝にちょっと下がってしまって以来、
ほぼずっと36.83℃。
体調の変化は…ちょっと胸が張るので下着の位置が気になる。
これはいい兆し?
でも前の2回も同じだったよな~。hCG注射のしわざなのでしょうか。
あと今朝はお腹が苦しくて起きた。子宮?腸?よくわからん…
朝っぱらから空腹感もあって、水でごまかして二度寝。
妊娠すると食欲ってなくなるんじゃなかったか?
いやでも、たべづわりって言葉もあるし…

気にしないようにしていても
やっぱり卵お迎え後はなにかと気になりますな~。
しかし、今回は注射がそれほど苦ではなく(スカートと揉み方のせい?)
毎日の通院も散歩の一部のように感じてて、精神的に健康。
胚移植の翌々日からけっこうな歩数歩いてるし。

面白い本も何冊か読んでるし
例の発売したてのゲームも旦那ちゃんと先を争うように楽しく遊んでるし
昨日は映画の帰りにおいしいリゾットとピザと野菜たちを食べて満足したし
かーいい傘を見つけて旦那に買ってもらったし
いいかんじです。

春だしね~!あったかいとなんだかうきうき。
後ろ向きなことを考えそうになると
春の気配とか陽射しとかに意識を向けて
きもちーなー、あったかいなー
って全力で思うようにしてたり。
お風呂でも
あーいい湯だなー
ってなるべく、おばかさんでいようと思ってたり。
考えてもしかたないんだも~ん。

来週からはまた仕事ウィークでっす。
[PR]
by maroony | 2006-03-19 07:18 | クリニックでの治療

ともだちの出産(2)

きょう、ともだちのところに女の子の双子ちゃんが誕生!!
すごーい。無事でよかった。
ネットを介して写真をちらりと見たんだけど
よくまあお腹に2人も立派に入ってたもんだわ~。がんばったなぁ友よ。


…とかいいつつ
ちょっと先越されちゃったなぁなんて
ちょっぴり切なくなったり。


でも!
わたしもお腹にちゃんと胚戻せたもん。
だいじょうぶ。
やれることはやってるさ。

5分で落ち着いたよ。
われながらマインドコントロールが上手になったと思う。
マインドマッチョになってきたと思うよ。


これから、子育ての先輩としていろいろ教えてください。
つか子守に呼んで~。
[PR]
by maroony | 2006-03-16 22:01 | 治療にまつわること
昨日は旦那がお休みを取ってくれて
あれこれ家事だの世話だのしてくれて
たいへん助かりました。

昼ごはんには、炒り卵をのっけた焼きそばを作ってくれて
午後にはクリニックの注射につきあってくれ
晩ごはんには、野菜たっぷりの美味しいトマトスープを作ってくれました。
芽キャベツと新タマネギと豚の角切りがはいってて、ボリューム栄養たっぷり。
食後にはアイスも。
感謝です。

おかげで昼寝したり、DVD見ながらゴロゴロしたり
リラックス~。

今朝もわたしは起きられなかったので
一人で支度してお出かけしていきました。

先月よりも旦那の仕事が一段落していてよかった。
しかも、当初はこの時期海外出張かも?って話だったので
一層、家にいてくれてありがたかったです。


今日からちょっとずつ通常営業しようかな。
寝すぎて腰が痛いし、少しずつ動こう。


ところで注射のあとが前回より腫れません。
ジーンズはいてると圧迫されるのかも?って思って
スカートにしてから、案の定楽になってる…
ジーンズの厚い生地の上からだと、揉み方も不十分になりがちなのかな。
もっとも、最近は注射してすぐにトイレに直行して
5分間きっちり揉んだりしてるのですが。それがいいのかな。
[PR]
by maroony | 2006-03-16 12:38 | 治療にまつわること
プレマリン 朝昼晩2錠ずつ
デカドロン 朝晩1錠ずつ
バファリン81mg錠 寝る前1錠
パンスポリン(抗生物質) 朝昼晩1錠ずつ

プロゲストン筋肉注射 50mg
プロファシー(hCG)20000単位


昨日は胚移植でした。



前日は早めに寝たけど
やっぱり夜中~朝ちょっぴり気持ち悪かった…
そのせいか、基礎体温ががくんと下がったので、うわー…
…でも胚移植前はあんまり関係ないみたいだからもういいや考えてもしょうがないし。
(ちなみに胚移植翌日の今朝はまた36度8分くらいになってました)

午前中は緊張が高まり過ぎないように
念入りに部屋と台所を掃除して
ラベンダーの香りの中でヨガをして
夜ごはん用にハヤシライスを煮込んだり…優雅にゆったりすごせた。

2時45分に予約だったので
2時ちょい前に最後のお手洗いをすまし、水分とって、病院についたころには
ちょうどたまってていい感じ。

が!
昨日は運悪くたくさんETの人がいたので
そこから1時間待たなくちゃいけなくなって…
結局移植したのは4時過ぎ。
「おしっこたまりすぎて、エコーが入らないよ~。ごめんねお待たせしちゃって」って
先生に言われるほど(笑)
胚移植の手順としてぬるま湯で洗浄とかもするので
気が遠くなりそうでした…生涯で一番おしっこ我慢した昨日たぶん…

そんなわけで
午前中のゆったりさと、午後のばたばた加減の落差が激しかったです…。
結果の重さ(妊娠できるかどうか)と、
必死になってるがんばりどころ(尿意の我慢)との落差が激しくて
なんかまぬけでおかしくなっちゃった。

でもなんとなく、緊張してるより良かったかなぁ。どうなのかな。


肝心の卵さんは
5日目に凍結しておいた胚盤胞。ひとつです。
今回も透明体開口法がほどこされていて、身をのりだしておりました。

ちょっと見た目が頼りなかったらしく、
先生も、無事解凍できてよかった、ちょっとドキドキした、っておっしゃってました。
前の2つより少し小さいかな?って思ったけど
胚盤胞だし、凍結~解凍に耐えることができたなんて
お前はたくましいぞ。
えらいぞ。
がんばれよ。

(卵のグレードに関しては
患者さんにあまり言わない方針らしいクリニックなので良く分からないです。
先生はきれいな卵だよ、としか言わない。
もらった報告書には数字とアルファベットが書いてあるけど
どうせもどす卵なのにグレード気にしすぎはナンセンスだと私も思うので
先生を信用してネットでも調べたりしてません。気にしないためにここにも書きません)


移植時の内膜は8.7ミリ…え?減ってる…先週は10ミリ越えてたのに…
うーん…
看護師さんに聞いたら、減ることもあるって。
でも内膜って計る位置ですごく差があるし
おしっこが邪魔でうまく計れなかったんだ、きっと、って思うことにしよう。

もうね、気にしたってしょうがないんだもーん。


体調的には
hCGを打ったのでちょっと胸が張るかんじと
まだお腹がちくちくする感じと(子宮にチューブを入れた後はいつも)
おしっこ我慢するために足先をぱたぱた上下していたので
その辺の筋肉痛があり(笑)

今日は旦那が有休とってくれたので
買い物頼んだり、DVD借りてきたりしてもらって
のんびり過ごす予定です。24時間は安静に、ってことなので。
注射のためにクリニックには行きますがね。


判定まで、あまりせっぱつまらないで
のんびり過ごせるといいな。
今回で凍結卵さんもなくなっちゃうので
次はまた採卵から、っていうのが今年に入ってからずっと恐怖だったんだけど
そのときはそのとき、って最近開き直ってるので
もう、だいじょうぶ。
[PR]
by maroony | 2006-03-14 06:40 | クリニックでの治療
今日も黄体ホルモン注射~
昨日は日曜だったので、
旦那もクリニックに来て注射の跡をもんでくれた。
ぶるぶるする簡易マッサージ器でも待合室に寄付して
ご自由にお使いください、とか書いておくといいのかもね~なんて言いながら
みっちりぐりぐりしてくれました。
ほかに患者さんもいなかったので…

看護師さんによると
油溶性の注射は打ってすぐ5分くらい揉んで浸透させないと
そのまま硬くなっちゃうんだそうな。
あのしこりはそういうことか!
しつこく揉まないと。
お会計で中断すると、ま、いいか、とかなりがちだから気をつけよう。

でも、しこりは避けてどこかに打てればいいんだし
休ませておけば痛みも治るんだから
深刻にならなくてだいじょうぶだよ、って
一番好きな看護師さんが笑顔で励ましてくれました。
ありがとう!


そうそう今日は明け方、また気持ちが悪くなった。
お腹が減るとなるのかな?
散歩しすぎ?
ホルモンのせい?
それとも抗生物質を飲み始めたからかな?
よくわからん…
苦しいながらも眠い、という状態で、まあいいや寝てごまかそうって思ってたら
旦那が当事者の私より先に気づいてくれて
「えづいてない?だいじょうぶ?」と心配そう。
よく気づいたね~。すごいな旦那。
起こしてごめんよ。

水を飲んだらなんとかまた眠れた。
けどすぐに目覚ましが鳴って
布団から重い体をひきはがすように起きると
まだ5時半……ええっ?!
………目覚まし時計を1時間早い時間にかけまちがえた………
あー悔しかった。
案の定日中眠くて病院の待合室で30分ほど寝たらすっきり。
今回はなるべく家では昼寝しないようにしてるので
(あとからかえって気分が悪くなるような気がするので)
昼ごはんのあとは眠気覚ましに図書館に歩いていった。


さて。
明日はいよいよ3回目のお迎えです。
準備は万端。
結果はどうなるかわからないけど、判定までなるべく楽しく過ごすようにしたいな。
「時間のむだ!」ってあとから思わないように…。
[PR]
by maroony | 2006-03-13 17:35 | 治療にまつわること

ともだちの出産

同じ病院で不妊治療していて
双子を授かった友達の予定日が決まったそうで…来週。
当初聞いていた予定日より3週間くらい早いみたい。
ずっと管理入院もしていて、双子はやっぱりなにかとたいへんな様子。
がんばってるな~。
産まれたらすぐ、会いに行きたい!
…けど、産科に行って気持ち的に大丈夫なんかなぁ、あたし…

友達と、その子どもたちには素直に会いたいと思ってるんだけど
産科は妊婦さんだらけだろうし。

いかん。
前向きにとらえよう。

その頃は胚移植も終わってる。
妊娠判定日もまだ。
ということは、期待を持ってていい時期。
赤ちゃんいっぱい見て、自分の赤ちゃんの夢を持つのもいいんじゃな~い?
そうそう。
自分も近いうち来るからな!待ってろ産科!って思ってよう。

ただ、
子持ちの友達と一緒にお見舞いに行くと
子どもトークで盛り上がっておいてけぼり…な気持ちになるから
なるべくそれは避ける方向にしよっと。


…さてこれで自分の気持ちの整理は終わったから
彼女と双子の応援に気を向けることにしましょう。
が~んばれ~~~!!!
[PR]
by maroony | 2006-03-12 08:54 | 治療にまつわること