コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ロダンの色気

すこし卵巣が腫れてるかも…左の下腹部が張ってるかんじで痛い。
生理さん来てくれないかな~。


ちょっとまえに書いたけど、
友人の天然爆弾ちゃんが日記にちょっと傷つくコメントをしてきて
しばらく放置プレイしてたんだけど
なんだか自分の中ですごくそれがわだかまってきてしまったので
ほかの話題で今日の日記を書く際に
なんとなく反撃(ってほどじゃないけど)してみた。

「映画みたり、美味しいもの食べたり、美術館に行ったりするのは
いまの私に必要なことなんです。
自分を大事にするのが今、私のやるべきことなんです」
って書いてみた。

今のわたしは決して
子育てしてるひとに、うらやましがられる境遇じゃないと思うんだけど~って
ずうっと気分が悪かったので。
(でもそれをストレートに反撃するのも なんか違うしね?)

通じるかどうかは問題じゃなく
じぶんで気持ちが整理できたから
もうこれはこれでおしまいにできそう。
ほかの思いやりのある友人たちに
あったかいコメントもいただいたし。
人との関わり方とかについて
いろいろ考えさせられました。


そうそう
美術館といえば
土曜に上野でやってる「ロダンとカリエール」展に行ったのです。
ロダンというとメジャーなのは「考える人」だけど
それよりうんと綺麗で色気のある彫刻がたくさんあって大満足。
「考える人」だけじゃロダンの良さは伝わらないのに
どうして学校ではあれと地獄の門ばっかなの?って一瞬怒ったけど
他の彫刻は
教科書に載せるには色っぽすぎるからだ…ってすぐ気がついたです。
そこがね、いいんだけど…男の人の首とか、女の人のくびれとか…
しぐさが色っぽいんだ~。
色気をたくさん吸収できてよかったです。
治療の役にもたちそうです。
だってそもそも子どもができる原点は色気だもんねえ。
治療が高度になるほど忘れがちですけど。
きっとホルモンにいい影響があるわ~。
[PR]
by maroony | 2006-05-31 16:39 | 治療にまつわること

ちょっと早い父の日

きのうは
父が上京する用事があるというので
妹夫妻とうちの夫婦と集合して
ごはんを食べたり、ちょっと早い父の日のプレゼントをあげたり。
(某人気の携帯ゲーム機をあげました。さっそく父は脳を鍛えるのにはまってました)

久々に天気もよく、広い公園の緑の中をみんなで歩くのは
とても心なごむひとときでした。


なんだか だんだんと
気持ちが穏やかになってきてるのを感じます。
不妊治療を始めて以来、一番リラックスしているような気も…。
いままで「自然にまかせよう」と頭で思っていても
どうしてもうまくできなかったけど
最近できてきてるかんじがする。
ゆったりゆったり。


それでもやっぱり
妊婦さんを見たらせつない気持ちにはなるけど
それも私の自然な気持ちだからこれでよし。
赤ちゃんを見てうらやましくなったりもするけど
いまは前と違って
焦ったりすねたり、というよりは、
可愛いから欲しいの~~ 今度こそうんと子どもを可愛がりたいの~~って
前向きなかんじだから 
よしよし。
でも友達の子どもたちが集まる日の
ご招待は、遠慮させていただきました。
自分の気持ちに正直に。無理しない。

来るかと思った生理もまだ来ない…けど
あまり心配しすぎず自然にまかせよう…


最近平日のお昼は旦那も私も手作りお弁当にしてて
肌荒れも治ったし、身体のむっちり度も改善傾向。
やっぱり手作り弁当は野菜いっぱい&油と炭水化物ひかえめ、なので
脳内物質のバランスもいい感じに整ってきてるのかもしれません。
(と自分の努力を肯定してみる~)

でもお弁当づくりも
無理しないようにしてるので、休みの日の翌日はお休み日だす~。


そうそう、今月はじめに種をまいたバジルとルッコラ。
ようやく本葉が出始めました。
あまりに双葉が密集して芽生えてしまってたので
こないだ一大決心をして間引いたら
やっぱりそのあと残った苗たちは前より元気になって成長してきた。
せっかく芽吹いたものを間引くのは
とってもとっても心が痛かったけど…必要なときもあるんだな。
[PR]
by maroony | 2006-05-29 12:10 | 治療にまつわること

わたしにとって

「でも、私にとって、やはりあなたは生まれてきたのです」

孫引きですが
流産死産を経験された方の詩だそうです。

短い文章だけど
涙が出ました。


経験してない人にはわからないこと
だけど
一番わかってほしいこと
だなぁ…


こないだ仕事関係の人に流産のことを電話で伝えたら
残念でしたね、とのコメントもなく
「不妊治療してたんですよね?じゃあステップアップってことですね!
よかったですね!」
って言われて。
悪気はないのは分かったし、
ああ痛みを知らない人はそういう風に考えちゃうもんだよね…と
納得して忘れようとしてたけど
なんとなくたまに思い出してしまいます。

たしかに着床してくれたのはとても喜ぶべきことだけど
成功か失敗かとかじゃなく
かけがえのない子どもを一人亡くしたのにな…。
たしかにお腹の中にいた命なのにな…。


今度直接会って話をする機会があったら
少し気持ちを話してみよう。
べつに通じなくてもいい。伝えておこう。


やっぱり外出先で親子とか妊婦さんとか見ると
多少へこむんだけど
あの子のことを考えると 私は私で 
あの子の母なんだし
しっかり生きよう、って
素直に思う。




術後40日目を目前に
やっと気持ちの麻痺が治ってきた感じもしてます。
なんだか生理が来そうな予感も…
来るといいな。
ヤツが楽しみなんて何ヶ月ぶりだろ。
[PR]
by maroony | 2006-05-26 22:52 | 治療にまつわること

また風邪

ここ一ヶ月で3度目の風邪。
昨日の午後は寝込んでしまいました。
仕事は進まないし、しんどいし、洟かんでティッシュはいっぱい使っちゃうし
いろいろ無駄すぎ…。
もう、しばらく風邪はごめんだい!
治療中と比べても風邪に対して無防備だったからだろうなと反省中。
ダイエットもしてるけど、ほどほどにしないと免疫力おちるかなー。
(それほどやせたいわけじゃなくて、締まった身体にしたいんだし)

それにしても生理こないなー。
手術から37日ほど経ちます。
手術後どれくらいで来るのかは、だいぶん個人差あるらしいけど。
たまにおりものに血が混じったりするし、
まだ子宮も卵巣もパニック中なんだろな。
「早く」来ないかな~ってどうしても言っちゃいがちだけど
お天気が自分でどうにもならないのと同様のことなので
なるべく治療に関しては「早く」って言わないようにしようとしてたり。
言っちゃうことで焦る、ってのもあるかな、と思うし。


仕事はまだ本調子じゃないこともあって
リハビリ的に今月は量を半分にしてもらったんだけど
やる内容はいつもよりヘビーなものにいつの間にか変更されてて
おーい?ってかんじですよ…ううむ。
[PR]
by maroony | 2006-05-24 12:05 | 治療にまつわること

週末にいろいろ考えた

最近ジャガー横田さんがご懐妊発表されましたね。
体外授精も経験したけど、その後の自然妊娠てことで。
めでたいです。
けど、どのテレビ局も
あまり体外授精や不妊治療には つっこんだ報道しないのかな~?
と不満に思ってたら
金曜だったかな?日テレの「きょうの出来事」って夜のニュース番組で
特集をやってるのをたまたま見つけました。

シリーズで放送していたらしく、その日は最終回で
採卵~胚移植をするも残念な結果になり、しかしその後…という内容。
前からジャガー夫妻は面白いし、愛も感じるので好きだったのですが
胚移植の不安な時期や失敗したときの夫妻の励ましあうメールのやりとりに
思わず大きくうなずきつつ、涙してしまいました…。
(最近、何を見ても泣くことがなかったのに…堤防が崩れた…)
治療経験者なら誰でも思うことを
ジャガーさんが率直に自分の言葉でテレビで言ってくれていて、うれしかった。
子どもを授かるのは、奇跡のようなことだということ。

だけどその直後
スタジオにいた大宅映子ってコメンテーターの言葉に愕然とさせられた。
(歯磨きしながら見ていたので、一字一句たがえず覚えてるわけではありません。
あしからず)

たしかこんなことを言ってた…。
「こういう技術で、簡単に命を作り出せると思うことが
命を軽く扱う最近の風潮や事件につながっているのでは?」

「自然にできてよかった」


あのう…
何も知らないなら、発言しないでください…
ジャーナリストとは思えない。

まず理屈としておかしい…
治療経験者が命を軽くあつかう?
それとも、犯罪者って不妊治療で命が生まれることを知ったのが原因で命を軽く扱うの?
…意味が分からない…
命を軽く見る事と治療がつながる理屈がわからない…

だいいち、今の最先端の技術だって
命をそう簡単に生み出せたりしてないですよ。
着床のしくみだって解明されてないし、受精卵の選別だって自然に行われてる。
自然淘汰されてるって。
あいかわらず難しいもんなんだって。
治療をちょっとでもやったことある人ならすぐ分かる。
むしろ、命が生み出されることの奇跡は
治療に携わってる人、治療を受けてる人のほうが
そのほかの人たちより何倍も何倍もわかっていて
畏れを抱いているものなのに…
ジャガーさんだってVTR中で言ってたじゃん!聞いてないのか?

世間の人の認識はその程度なんだろうな…
自然にできたほうがいいな、薬はやだな、って昔は私も思ってたものな。
だけど、マスコミでジャーナリストが適当に発言するのはどうなのよ??
彼女には治療を許せない宗教上の理由でもあるのかな?

ふと思ったけど
彼女みたいな考え方の人って
治療で生まれた子に対してはどういった態度をとるのだろうか?
差別するの?

番組としてはていねいにVTRを作っていたと思うので
ちゃんと取材をしたスタッフ当人がコメントしてくれれば良かったのに、と思いました。
大宅さんにきちんと詳細を伝えて欲しいな、とも。


無知って怖いです。
わたしも、自分の知らないことに関して
適当なことを言って人を傷つけたりしないように極力気をつけなくちゃいけないな。


そんなことを思っていた矢先、
友人の「天然爆弾」ちゃんにまたやられてしまった。
私が別のところで適当に書いてる日記に
映画観て、洋食屋でハンバーグ食べたよ、って書いていたら
「その映画観たいんだ。外食もうらやましー」
ってコメントが。

う~ん…これって、書いてはいないけど
「子育てたいへんで、外食とか映画とか行けない」ってことを言いたいんだよね?

ちなみに彼女には
不妊治療のことも、流産したことも
伝えてあります。

彼女としては悪意なく素直に自分の気持ちを書いただけだろうとは思うけど。
……う~ん……

気にしすぎ?
でも気になっちゃう私なんだからしようがないよね。

「わたしは外食できなくてもいいから、子育てしたいんだよ」って
いっそ返信しようかと思ったけど
なに?気にしすぎじゃない?って思われそうでそれも嫌だから
放置プレイに決定。


つらいなーって状況なのに
そのことを言いにくくて
それ以上になんか抱え込まなくちゃ行けない、っていうのが理不尽だけど
世の中そんなもんなんだな。

稽留流産で、お腹の中にまだ亡くなった赤ちゃんを抱えてる期間、
残っているつわりと悲しみで具合悪いけど
それでもずっと家にいるとつらくて苦しくてたまらないので
夫にしがみついて外出してた。
そんなとき街で
「たまひよストラップ(妊娠初期なので優遇してくださいという印)」をつけてる人を見かけて
わたしは理不尽ってものに耐性がついたよ。
だって、いくら具合悪くたって
「流産中です」ってストラップをつけるわけにはいかないじゃない?
同じような体調でも
幸せはアピールできるけど
不幸な場合はアピールできない。
背負ってるものは不幸な場合のほうが重いのに…


なーんて、今週末はいろいろ考えを抱え込んでいたので
昨日は息抜きに行った公園で親子連れをたくさん見たら
見ないようにしてた自分の心の中の辛い気持ちを認識してしまって、
キレ気味になってしまった。
せっかくの日曜にごめんね、旦那ちゃん。


いろいろだけどさ
でもね~
もう私、強くてがんばってて優しくなれた自分が最近は大好きになれたから
大丈夫なんだも~ん!!!ふん。
5割が強がりだから、たまにくじけそうになるけど
それでもがんばる自分が好きだよ。くそう。

自分のことと同じように
治療をがんばってる、強くて優しい人たちが大好きです。
がんばろうね。
優しい子どもを産んで、強く育てて
私たちの手で頭の良い優しい人間をこの世にのさばらせよう。
[PR]
by maroony | 2006-05-22 10:57 | 治療にまつわること

うすぐもり

今年は関東地方、五月晴れが少ないですね~。
もう梅雨?ってほど。
日照時間に気持ちが比例する性質なので
心の中も なんだかもやもやと
うすぐもり的になってしまって、ちと嫌。

手術以来ずっと出ている茶色のおりもの(古い出血)以外に
先週の後半からちょっとだけ鮮血の出血があって
生理のはじまりかな?とも思って様子を見てたら
はじまるでもなく、おさまるでもなく…ティッシュにちょっとつくかんじと
おりものシートがあらら~って感じの量。
クリニックに行ったほうがいいのかどうか迷ったので
とりあえず月曜に電話。
鮮血でも少量なら問題ない、ということでした。
電話するかどうかも迷ったけど、一安心。

安心したので久々に筋トレ(自己流)はじめました(笑)
身体作りしつつ、ちょぴっとダイエットしなくちゃ(無理はしないけど)。

その後もしばらく様子をみてたら、
昨日は約一ヶ月ぶりに出血がまったくなし!
…一ヶ月も血が出続けてたんだな…

一ヶ月も経ったんだな…早いなぁ……
たしかに記憶はだんだん鮮明ではなくなってきてはいるけど…
特に痛みに関する記憶は不思議なほどおぼえてない。
あと、つわりも忘れてきちゃった。
身体に都合の悪い記憶は薄れるのが早い仕組みなんだろうけど
つわりはもうちょっと覚えてても良かったような…
妊娠できるんだ、ってあの高揚感もいっしょに消えてしまったようで、残念なのです。


先週よりもなんとか仕事ができてるし
お弁当作りも再開したし
通常営業に近くなってきたけど
あいかわらず
心のどっかに蓋がされてる感じで
映画やら観ても感動がちょっと薄いというか
テレビやらでも悲しいシーンでも別に涙がでない。
これでいいのかなぁ?無理してないか?私の心。
直後は泣いてばかりだったので、それよりもいいのか?
よくわからない。
無理してる実感はないけど。
自分でもどうしようもないのでこのままでいいか…。

先週はお腹壊してたけど(まだちょっとゆるい)
今週入ってから咳が…
風邪なんてここんとこ1年に一回ひくかひかないかなのに~。
身体が万全じゃないのと
気が緩んでるからケアが行き届いてないんだろうな。
あ、湯船につかれないので冷えてるかも(出血がずっとあったのでお風呂は入れなかった)
体温は低温のまま
ぎざぎざしています。
[PR]
by maroony | 2006-05-17 08:03 | 治療にまつわること

くもりぞら

GW明けて、さあ仕事でもやるか~
双子の母にも会うか~
なんて思ってたら
お腹がゴロゴロ。
微熱も出て、火曜まで寝込んでしまった。
なかなか仕事できない…

妊娠の可能性がゼロなので
久々に下痢止めの薬を飲んだ。
ふつうの薬なんて何ヶ月ぶりだろう…。
緊張したりストレスを感じると下痢してしまう体質だけど
(採卵後もひどかった)
ここんとこ数ヶ月どんなにおなかが痛くても薬が飲めなくて。

薬を飲んでじょじょによくなってきたので
昨日は久しぶりに英会話。
「しばらく~!やめちゃったかと思ったよ!」って
事情を知らないクラスメートに言われたり。やめないよ~ん。
英会話のお仲間には、5ヶ月で流産した経験のある人もいるので
授業のあとちょっとお茶した。
その人は治療の経験はないんだけど
流産のことでいろいろ学んだって言ってた。
辛い気持ちは潮がひくようにちょっとずつ遠のいて
でも完全に忘れることはなく
あとにはなんだか感謝の気持ちが残ってるって。
ああすごいわかる…

ところで昨日から
シャワーのあと1時間以上…2時間くらいずうっと
顔が真っ赤にほてってしまって
びびってます。
更年期障害の症状でそういうの、あるんだよね…
でもまあ体調もわるいし、ホルモンもいつもと違うから
今はなんかまだ身体が普通じゃないんだよな。
一時的なことだと思おう。
出血は
昨日からなんとなく鮮血入りの水っぽいおりものっぽくなってて、
基礎体温もずっと低温なんだけど、今朝はさらにかなりガクリと下がったので
もしかしたら排卵したのかな?


気持ちの表面はだいぶ落ち込みはなくなってきてるけど
身体のなかはまだまだパニック状態みたい。
仕事もこの先の治療も気がかりではあるけど
身体がよくならないことに焦りすぎないようにしないと。
[PR]
by maroony | 2006-05-11 16:33 | 治療にまつわること

3週間たちました

連休明けに久々にクリニック。
連休中もずっと生理の終わりまぎわみたいな出血が続いてて
今も止まってない。
でも特に心配いらないみたい。
エコーで見たら右の卵巣が2.5センチくらいになってて
「?」ってかんじでしたが
これも特に気にしなくて良いみたい。
相変わらず身体の反応って、なんだかよくわからないな…

次に生理が来て、終わったらおいで、と言われました。
いつ生理になるのかは個人差があるとのこと。
ネットで見るとだいたい術後3~40日くらいで来るみたい。
あと、旦那との仲良しについても聞くと
「ふつうにしてていいよ」ってことでした。
1・2周期避妊をすすめる病院もあるみたいだけど。

しっかし、その期間に妊娠できたらびっくりだよね?!
(ぜんぜん期待してない)


連休中は毎日のように近場にお出かけしてた。
そばが有名な東京の西のほうにある深大寺ってお寺に
遊びに行った(緑が綺麗で、買い食いもできる観光地)ら
「翠子供養」のお地蔵さんがあったので
なんとなくお水をかけて手を合わせてきました。
安らかに…、ってただそう思いつつ。

ところで「水子」とは書かないんだね。なんでかな?
「翠子」のほうが字面もきれいでいいかんじ。


あと
旧友に「呑まないでいられん」みたいなメッセージを出したら
みんなして励ましに集まってくれました。
けど、集まった日にはもうなんだか私の気持ちは整理がついてて
色んな気持ちやら、痛みの記憶やらはきれいにたたんで
心の中の小箱に入れて蓋をしてある状態になってて
もうあんまり語る気持ちにも泣く気持ちにもならんかった。
とくに無理してるわけじゃない。
もしかしたらどっか麻痺してるのかもしれないけど…
このままでいいや。

楽しく一緒に呑んでくれる人たちがいて
嬉しいなぁとただ思った。

いろいろ辛い思いしている友人が
「人のことがうらやましいのは当たり前だからそのままでいい」って言っていて
そうそう!わかる!それ、すごく今、腑に落ちてる、って思った。
[PR]
by maroony | 2006-05-08 17:13 | クリニックでの治療
明日で手術から2週間たちます。

出血は、おりものシートでなんとかなる程度に。
先週金曜日にまた術後のエコーをしたのですが
まだ少し出血するけど きれいになってきてるから大丈夫
病理検査の結果も異常なし
とのこと。
新しく来た茶髪の医師がエコーで診てくださったんですが
すごく丁寧で優しい先生でした。
院長先生も もうほとんど心配ないからね、って優しく言ってくださってほっとしました。
念のためGW明けにもまたエコー。
KPCはしょっちゅう診てくれるので、安心。
(混雑はうんざりすることもあるけど)

気持ちのほうは
まだちょいと面倒な感じ。
身体と共に、だんだんよくなってきてはいるけど
ちょっとしたことでエアポケットに入ってしまい
(妊婦さんがつわりの話をしてるのを電車の中で聞いたりとか
そういうのが引き金)
そんな自分の気持ちを話すのも億劫になってしまう時がある。
心のどっかがまだ少し麻痺してるような…氷が解けてないような…
手術前後のへんなハイテンションから抜けて
脱力ぎみという感じかも…


旦那は相変わらず外に連れ出してくれたり
寝る前に布団で話を聞いてくれたり。
暗い中お布団にくるまれて話をしてると、すごくストレス解消になるって発見。
悲しい話ばかりしてるわけじゃなく、たわいない話したり
思いつきでお互い話すんだけど
半分眠いし気持ちいい状態なので素直な気持ちが話せる気がする。
話しながら自分の状態が今どんななのか再確認したり。
旦那の気持ちを知るいい機会でもあるし。

どうも自分から自分のことをうまくしゃべれないことが多いので
先週 「寝る前におはなししよう」って旦那が誘ってくれたのは
とても救いになりました。
(あ、でも別に毎日じゃなくていいよ~義務じゃないだよ>旦那)


そんなこんなで、
辛い気持ちは消えたわけじゃないけど
気を紛らわす元気は出てきたので
美術館行ったり
買い物したり
部屋の模様替え作戦練ったり
美容院でパーマかけたり
ゲームしたり。
(某大作ものは途中で投げ出し、狼が主人公のものをやってます。
悪者たおして花畑にする、みたいなの。いい。すごい癒される~)
そろそろ鍼灸院にも行こうかな。
流産のことを話したら受付の女の子また泣いちゃうかな…なんだか悪いなぁ。
(妊娠したよ、って言ったらうれし泣きしてくれた子なので)
[PR]
by maroony | 2006-05-01 19:42 | 治療にまつわること