コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

温泉♪

また温泉に行ってきました。
今度は静岡。焼津にはじめて行きました。
なぜ焼津?て感じですが
直前にネットで取れるところだったので…

絶景の宿で、窓の下は海(絶壁)。
富士山も遠くに見えてて。
露天風呂からも海と富士山。
早起きして日の出とともにお風呂に入ってきました。
日がさんさんで、なんだか体中消毒されているような
なんともさわやかな気分。

散歩もたくさんして
しっかり命の洗濯してきました。
旦那ちゃんもリフレッシュできたようで、よかった。


直前に友達のところへ行って
赤ちゃんと触れ合ってたので
新幹線で子どもが泣いてても、なんだか許せた。
むしろ、あやしてしまいたくなったよ~。

友達にも言われたけど
私は子どもがすきなのかもしれない。
「子どもってそんなに好きじゃないけど
旦那の子なら欲しい」
って今までは自分で思ってたんだけど
全般的に結構好きなのかもな。
ということなので、子どもちゃん来てね♪かわいがってあげるよ。

最近友達とその子ども達のおかげで
妊娠がゴールじゃなくて
子どもがいる生活をゴール…というか
明確な目標として具体的にイメージできるようになって
すごく気持ちが助かってる。
この調子で楽しく待てるといいな。
[PR]
by maroony | 2006-07-31 07:58 | 治療にまつわること

もう一回お休み

結局生理が来ちゃったので
3日目の今日、診察に行ってきました。

じつは昨日もクリニックには行きました。
旦那さんの出張が8月末にありそうだ、ということで
今回の周期から体外授精の準備に入っていいのかどうか
わからなかったので
プロに聞いてみようってことで、コーディネイトだけしてもらいに。

そしたらば、診察しないとピルをどのくらいの期間飲むのか
決められないとのこと。
だけど昨日は院長先生の診察が無かったので今日出直したわけだったのです。
(でも昨日行ったとき
看護師さんは丁寧に事情を説明する私の話を聞いてくれて
とても親切だったので、気が楽になりました)


結局。
どうしても旦那さんの出張の日程に採卵がかかってしまうことが
はっきりしたので
もう一回生理を見送ることになりました。

それほど焦ってるわけじゃないけど
転勤があったらたいへんだなぁとなんとなくいつも不安なので
早いほうがいいよね、って2人で思ってたのですけど…しかたないね。
そのへんも、ついでに院長先生に話したら
「顕微授精なら凍結精子でもできるし…転勤になったら
しばらく奥さんだけ通院するとか、いろいろできますしね」って
おっしゃってくださいました。
そうだよね。


さーて、これから苦手な夏だけど
次にそなえて せいいっぱい健康増進につとめようと思いま~す。
(って言いながら今日はひさしぶりに酔っ払ってるんで~す♪)
[PR]
by maroony | 2006-07-27 21:28 | クリニックでの治療

周期27日目

…だけどとっても生理が来そうな気配が。
体温下がったし。
体づくりが中途半端でちょっと運動不足だったせいか
月経前緊張症がひどい…気持ち悪いしだるいしお腹痛い…

単に
気持ちがたるんどる!
のが原因かもしれませんが。
がんばらなきゃ。


今度生理が来たら
体外授精再トライに向けて出発したいのですが
まずコーディネイトを予約して
日程を組んでもらうことにしました。

夏休みとか、旦那の出張が入りそう、とか
8月は予定が込み入っていて
自分でどう日程を立てたらベストか分からなくなってきたので
プロに聞こうと思って。

昨日クリニックに電話して夏休みがあるかどうかだけ、確認したら
「院長先生のお休みはありますけど、病院の休みはありません。
院長診の患者さんも他の先生が診ます」
と言われたので
そうですか良かった、って電話切ったあとに
「けど採卵は院長先生じゃないと出来ないのでは?!」
とハタと気づいたのでした…
だめじゃん…自分も受付の人も…


予定が立たなくて落ち着かないから
早く生理来ちゃって欲しいです。もー
[PR]
by maroony | 2006-07-25 11:44 | 治療にまつわること

体温…

今日で周期22日目。
体温は昨日から微妙に低い…気温が低いのと早起きのせいかとも思うけど。
排卵は体温表からみると14日目だったので
あと5.6日かぁ…高温期って結果待ちだから長~く感じるなぁ。
うまくいったら奇跡だと思ってても
どーうしても期待しちゃうな。

近所で子ども連れを見て胸が苦しいのは
もう終わりになってほしいよ…
気にしないように気力をつかって疲れるよ…


そうだ
そろそろ鰻を食べに行かなきゃね。
体を元気にしなくちゃ。
土用の鰻っていつだっけ?
[PR]
by maroony | 2006-07-20 13:18 | 治療にまつわること
きのう
聖路加看護大学で開催された「天使の保護者ルカの会」に出席してきました。
医療者と、流産・死産・新生児死を体験した方が
子どもについて、その死について自由にお話をする会です。


ここのところ孤独感や疎外感を感じることが多く
経験者の方とどうしてもお話をしたいと思っていて
ネットで見つけました。

同じ経験をしたひとと話をするグループのことは
アメリカなどの映画の中で見た事があった程度で
自分が出席することになるとは思ってもみなかったけど
今回は自分に必要なことだと切実に感じたので行くことに。

旦那ちゃんが
「宗教の勧誘とかされるようなへんな集まりだったらどうするの?」
って心配してくれてて
自分でもそういうところだったら困るなぁ
それに
必要以上にロマンティックな表現が好きな人たちが集まっていたらなじめない
(死後の世界のことなどをあまりディープに話をされたらどうしよ、みたいな)
って思っていたけど
ちゃんとした医療機関の付属大学が主催だから、と思い切って申し込んだのでした。


行ってみて。
正解でした。
主催の聖路加看護大学のスタッフは
医療の現場に私たち体験者の声をフィードバックしようという姿勢で
話をたくさんひきだしてくださったし、
体験者の方が私の言葉に心からうなずいてくださるのに勇気付けられたし
他の方の立ち直っていく過程や、今の気持ちは私にも痛いほど共感できて
自分がひとりじゃないと体で実感できました。
やっぱりいっぱい泣いちゃったけど
一人で寂しく泣いてるのと違って
なんだかあったかい涙が流せた。
もらってきたパンフレットも
おしつけがましいものではなく、特定の宗教観もなく
つらい体験をした人がどういう気持ちになるのか
たくさんの経験者に聞いてまとめた(海外の研究の翻訳もあった)もので
共感できてほっとしたし
周りの人たちとのかかわりを考える参考にもなりました。


実は私以外の方はほとんど新生児死の経験者で
私は姿も見えないまま子どもを亡くしたので
もしかしたら気持ちが違うのかな…と始まる前にプロフィールを見ながら思っていたのですが
始まってみると子どもを思う同じ気持ちで共感できました。
皆さんも私に対してちゃんと
「一人の子どものお母さん」として見てくれているのが嬉しかった。
お骨もなにも手許に残っていないので
受精した卵の写真と胎嚢しか写っていないエコー写真を持っていたんだけど
卵を見てみんな感激してくださって。
「いとおしいね」「いのちだね」って
言ってもらえて。
うれしかった。


会に出て、周りの人たちとのこと、いろいろ考えた。


いまのところ
実父と旦那のお母さんとは
子どもについてはほとんど何も話していない。
それについて ちょっと寂しいな、子どもの話をしたいなと私は思ってる。
そうっとしておこう、私から話してくれるのをまとう、と思って
あちらからは声をかけずにいてくれてるんだろうから
こんど子どものために小さい可愛い人形でも買って
母と旦那のお父さんの仏壇に供えてもらいに行こう。
大事な家族に私のことだけじゃなくて
私の子どものことを少し想ってほしいから。

旦那ちゃんのことも
もっといっぱい大事にしようって思ったよ。


いろいろ気づきがあって良い会でした。
3ヶ月ほどたって、
ちかごろ流産のことが悲しみや苦しみの象徴・源泉みたいになりかけてて
自分の苦しみや悲しみをどうにかしてよ!って気持ちばっかり
大きくなってしまっていたけど
子どもへの感謝の気持ちや自分達が精一杯がんばってきたことを
また思い出すことができてとっても嬉しかった。


この気持ちを忘れてしまったら
またあの場を借りればいいんだ。
行く場所があるんだ、ってそう思うだけで
すごく心が支えられる。
ありがたいです。
[PR]
by maroony | 2006-07-14 10:18 | 流産をおもう

ジンジャーシロップ

日曜に、雑誌で見たジンジャーシロップなるものを買いに
銀座にあるコンフィチュールのお店に行ってみた。
…なーんて書くと
非常に女子っぽく聞こえるかもしれんですが
雑誌は旦那がよく買ってくるコンピュータ雑誌なところが
われながらアレなかんじ(笑)

さてそのジンジャーシロップとは。
ショウガに砂糖、レモングラス、クローブ、黒胡椒、唐辛子などを入れて
煮たもの~。です。
昔からあるレシピに工夫してあるそうな。
炭酸で割ったら、ほいジンジャーエール♪
ほかにもあっためつつ牛乳で割ったり
お酒で割ったり楽しめます。

さっそく試すと
冷たい飲み物なのに飲んだそばから喉がぽかぽか。
冷え性にはよいかも~。
ごちそう気分が味わえて、気分もいいです。
あんまり”健康のための”食べ物って意識するのが
好きじゃないので…楽しく美味しいのがすき。だからいいかも。
旦那はいそいそウオッカを買ってきて割ってみてご機嫌さんでした。



卵さんはいまどうなってるのかな。
今回はクリニックで卵チェックもしない、だめもとのタイミング周期なので
なるべく適当に過ごさねば。
旦那と仲良くたのしく。
…でもやっぱりちょっとは気になる…
右に主席卵胞があったけど
右ってチョコレート膿腫があるほうだよなあ。
先生それと間違えたらどうしよ。(エコーは院長先生じゃなかった)
…考えてもしかたないか…

タイミングっていつ以来かな~あ~体外授精の直前以来だな~つーともう
去年の秋以来だな~。
ひさしぶりだなーこのなんとなく宙ぶらりんなかんじ。

さあ忘れて仕事仕事…
[PR]
by maroony | 2006-07-10 17:56 | 治療にまつわること

たまごさま成長中~

ひさしぶりにクリニック。
エコーで卵巣と子宮の回復具合をチェック。

周期9日目で
主席卵胞は13ミリちょい。
ほかにも卵候補小さいのがいくつか見えました。
内膜も6ミリほど。

早いときで10日目に排卵してしまう私にしては
ややスローペースだけど
順調に回復しているとのことです。

あああほんとよかったな~~~!


で、やはり今回の周期は治療とかそういうのはなしで
様子見。
自己流になんとなーくタイミングとってみて
もしかしたら、を狙うかんじ。


次の生理が来たら、
例によって
ピル飲みながら卵巣を休めてゾンデと細菌培養。
で、次の次が採卵。
8月かな。
早かったような、やっとここまできたような。

リラックスして
でも安静にしすぎず
普通に快適に楽しいことしながら採卵に臨みたいと思う。

その前にやるべき仕事をやってしまわねばな~。
無理せずがんばろう。


クリニックのあとで
友人と双子に会いに~。
こないだ会ってから、あかんぼの感触と重さが忘れられず
また行っちゃいました。てへへ
友人にいろいろ話を聞いてもらって
水曜の英会話からずずんと重くなっていた心が
かなーり軽くなりました。
赤ちゃん達も なんかもーほんとに可愛いので癒されまくり。
腕の中で寝てくれたり、笑ってくれたり
ほんとにうれしいです。

も、しょっちゅう通うよ~。
おしかけ子守ですよ~(笑)
[PR]
by maroony | 2006-07-08 14:20 | クリニックでの治療

フクザツな水曜日

先週はスクールホリデーだったので
2週間ぶりの英会話の日。
楽しいんだけど
どーしてもどーしてもクラスメイトの妊婦さんが気になって…
お腹がちょっと大きくなってました。
わたしも順調ならああだったんだ…ってやっぱりやっぱり思ってしまう。
ちょっと苦しい。


しかたがないよね…


そんでもって、またもやお茶をパスして脱兎のごとく家路につきました。
家に帰って
お茶仲間のもう一人のクラスメイトの携帯に
事情を書いたメールを出して(出すかどうかしばらく迷ってたんだけど)
「(わたしのこと)最近忙しいみたい」ってことにしておいてね、ってお願いしておきました。


なんかこう最近
流産したこと自体というよりも
周りに理解者がいないのが辛いようなかんじになっていて。
…そういう状況って私にとって実はちょっとトラウマなんだな。

中学生の時に母が倒れて
以来ずっと病気で
高校3年で亡くしたんだけど
そういう思いをしてる子って同級生にはいなくて
誰にも心を開いて相談できなくて
一人で抱えるしかなくて

今は友人のなかにも
大切な人を亡くした経験のある人は何人もいて
(夫もお父さんを亡くしてるし)
話もできるはずなんだけど

どうしても
追い詰められると
「だれもわかってくれない…!!」
「なんでわたしだけ…?!」って
中学生の私がぐずり出す。
(思春期特有のアレだと思ってたけど
そういや私はちょっと特殊といえば特殊な環境だったんだわ…
って普段は忘れてるほど乗り越えてるんだけどね~)

体調のいい時は大人の私がなだめてるんだけど
どうもやっかいですこの中学生。
(多重人格なわけじゃないけど)

でもようやっと自分がどういう状態なのか
冷静に分析できたので落ち着いたな。



うっとおしい亡霊みたいについてくる
わたしの中の中学生。

でも愛してあげよう。
自分にしかできないことだから。

傷つきやすくて感じやすい
孤独で頑固な
彼女がいるから
今の私は ものづくりの仕事が出来てるのかもしれないし。


孤独はなにも悪いことばかりじゃないよ
何かを生み出す場なんだよ
さみしがりやな中学生の私



もし
子どもがいたら
気持ちが自分の中だけに向かわず
もっとシンプルな気持ちでいられるのかな?
大学時代にどちらかというとナイーブだった友達は
「子どもができてから、それほどには落ち込まなくなったし
寂しくなくなったよ」って言ってた。

楽しみだね。

未来に希望を持とう。


明日っからもうちょっと普通の日記書こうかな…暗いよね(笑)
[PR]
by maroony | 2006-07-05 16:23 | 治療にまつわること

クリニック予約

クリニック予約しました。
「排卵のころに来てね~」って言われたので
金曜にしました。

わたしは排卵がいつも周期の10日目くらい。(早い!)
周期が25日なので高温期が2週間ちゃんとあると考えれば
まあいいのかもしれませんが
生理が終わって あッ というまに
タイミングとらなくちゃいけないので忙しい。

ここのところ旦那ちゃんは仕事でたいへんなので
卵ちゃんのお出まし、ちょうど週末だと良いのぉ… 
(まだ自然妊娠の奇跡をほんのすこし信じたいわたくし)


髪の毛のカサが増して
首が暑くてしょうがないので昨日は美容院。
またパーマかけちゃった。楽。
妊娠したら髪型どうしようかなぁ?
(気が早いって)
パーマやヘアカラーは胎児にとくに影響はないらしいですが
匂いが気持ち悪くてだめだろうなぁたぶん。

洋服を見てても
「ん これなら治療でお腹ぱんぱんになっても着られる」とか
「この先妊娠できても着られる」とか
考えちゃいます。
あー妊娠してぇな~。楽しいもんな~。
[PR]
by maroony | 2006-07-04 18:50 | 治療にまつわること

りらっくす

土日はあまり治療のことを考えずに
リラックスできてよかった。


土曜はバーゲンに参戦。
さすがにけっこう混んでたけど
余計なことを考えずに「わーい安ーい」って浮かれて
買い物に集中できて楽しかったです。


日曜はやっと友達と双子ちゃんに会いに。
流産以来
しょっちゅう風邪ひいたり
仕事が忙しかったり
ちょっぴり落ち込んでたり
でなかなか会えなかったんだけど
旦那が「赤ちゃんに会いたいね」ってちょろっと言ったのをきっかけに
2人で行ってみました。
ちょうど週末に生理がちゃんと来てくれた安心感もあって
ほとんど切ない気持ちにならず
むしろとってもとっても楽しかったです。
ただただ可愛くって!もー
やっと遊びに行けてよかった。
友達にも会えてとっても嬉しかった。
赤ちゃんも2人ともとっても元気そうで良かったよ。

なんだかいろんなことが やっとすごくホッとできました。
寂しくなったらまた遊びに行かせてもらおう…

赤子2人いるので、いっぱい抱っこできて満足。
赤子が自分の腕でリラックスしてくれてるのを見ると
こっちもとってもリラックスします。
いいホルモン出そう!

旦那も「俺あんまり抱っこはしない」って言ってたけど
しなよ~させてもらいなよ~って薦めたら
けっこう嬉しそうに抱っこしてたのでこっちも嬉しかった。

ふたりで
「かわいいね~やっぱり自家用専用機もほしいね~可愛がりまくるよね~」
なんていいながら帰ってきました。

赤ちゃんのいる家に行くたびに私は
「あやすのうまいね」って言ってもらえるので
うちに来るといいと思うよ~!赤子さ~ん!
[PR]
by maroony | 2006-07-03 11:18 | 治療にまつわること