コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

流産の手術終わりました

7w5d
土曜日。
2度目といえど やはり緊張と恐怖で浅い眠りしかとれないまま病院へ。
8時半。
念のためのエコーのあと子宮口を広げる海草でできた棒を入れる。
やっぱり激痛。でも口で息をふーっと逃すと痛みを逸らせる。
いつかこのコツを出産の場で生かしてやるわくそう、と思いながら
ふうふうしつつ着替えて点滴されつつベッドで待機(旦那も同室)。

そう 最後のエコーのとき
もう赤ちゃんも卵黄嚢も見えなかった。
前日まで見えていたのに。
金曜日 最後に挨拶してくれたんだね。
ちゃんと あなたの最後の姿のエコー写真、お父さんにも見てもらったからね。

前日の夜に私と旦那で
お腹をさすりながら
「がんばった。えらい。絶対わすれないからね」って
お別れを言ったから きっとそれでやっと安心してお空に行ったんだろうな…。


10時半。
オペ室に入り、準備。
院長先生が「がんばろうね」って笑顔で励ましてくれる。

前日まで院長は学会で不在だった。
正直、院長のいない間にオペになる状況が一番恐怖だった私と旦那。
だって他の先生達もいい先生だけど
院長ほど腕があるかどうかは未知数なんだもの…
大事な子宮を傷つけて欲しくない…
私たちの親思いの赤ちゃんは、そんなことにも気を遣って
がんばってお腹にくっつき続けてくれていたのでした。

オペは静脈麻酔。
いつもどおり私はすぐに無意識に…だったんだけど
今回は院長いわく「ちょっと難しかった」せいか
時間がかかったらしく
最後のほうでちょっと意識が戻っちゃった。
目は開かなかったけど
痛くて痛くて身をよじって「痛い痛い」って泣いた。
もうかんべんしてーって正直思った…けど
今となってはもう どういうふうに どのくらい痛かったかって思い出せません。
痛みの記憶って消えやすいように出来てる。

だから これからもし手術を受ける人で
この文章にたどり着いた人には
あまり怖がらないで 大丈夫、って言いたい。
痛みは過ぎ去っていくタイプだし 痛み止めもきっともらえるし
心が傷ついた上に体も痛いなんて悲しすぎるって思うかもしれないけど
体はけっこう頑張ってくれるからね。

だから私はもう大丈夫なんだけど
旦那がどれほど心配しただろうと思うと かわいそう…ごめんよ



オペが前回よりも早い時間に終わったので
2時過ぎにはタクシーで家に戻れた。
ごはんを食べて(前日夜9時から絶飲食だったので はらぺこ)
麻酔のせいで深くて短い眠りを何度か繰り返し。
でも
そのあとなんだかもう元気になってきて
友人が癌で亡くなって以来 見たいけど封印していた
「木○津 キャッ○アイ」を解禁することにして
DVDで見たりした。

だれかの死と 生きてる私 …
[PR]
# by maroony | 2006-10-29 16:14 | 流産をおもう

願いは届かず…

今日の診察の結果
やはり稽留流産と診断されました。
明日 子宮の中を綺麗にする手術を受けてきます。

エコーで何度も丁寧に診察してくださいましたが
胎嚢も胎芽も月曜と同じサイズ。
念のため小さな小さな胎芽に心拍がないかどうかも確認していたようですが
やはり結果は残念ということ…

かなり覚悟をしていたし
月曜の時点で悲しみの山をひとつ越えていたので
涙はこぼれつつも比較的冷静にお話を聞くことができました。

今回は2回目なので
赤ちゃんの染色体検査も勧められ
もともと希望していたのでお願いしました。

また 今週ずっと考えたり調べたりしていた
不育症の検査のことも尋ねると
KPCでもやっていただけるとのこと。
すこしでも万全な体制で次に挑戦したいので
できることはすべてやるつもりです。


「どうして私ばかりこんな目にあわなくちゃいけないの?」
って類の
呪詛の言葉を吐こうと思えばいくらでも吐けるし
正直 今そうとう意地悪な気持ちだし
何かに裏切られたようで
むなしいし かなしいし すごくつらいけど
そういうマイナスの気持ちを文字にしてしまうのは
自分のためにならないような気もするので書きません。

だって前に進むしかしかたがないんだもの。
どんなになにかをうらんでも
うらやんでも
私はこのまま自分の人生を生きなくちゃいけないんだもの。

私に少しでも未来への希望を見せてくれようとするかのように
姿を現してくれた赤ちゃんへ
感謝していることだけを書いておこうと思います。
今日も小さいながらも姿が見えて
卵黄嚢のリングもとてもきれいな銀色の円を描いていました。
天使の輪っかみたいに 奇跡みたいに
きれいな円でした。
産んであげられなくてごめんね。
寂しくて最後までしがみついてるあなたを出すことになっちゃってごめんね。
勇気と希望をありがとう。
すごくすごく頑張って偉かったね。
2回連続で辛い結果だけど
着床できるって もう少しだって
あなたのためにも
考えるようにがんばるね…。
おにいちゃんかおねえちゃんか分からないけど
きょうだいとお空の上で仲良くしていてください。
また母ががんばれるように どうか応援してください。


***

どらどらさん
kolibri さん
 
コメントをいただいていましたが
心の余裕がなくてお返事できずにごめんなさい。
寒いのでお体お大事になさってくださいね。


***


しばらくはコメントをいただいても
お返事できないかもしれません。
ごめんなさい。
[PR]
# by maroony | 2006-10-27 13:59 | クリニックでの治療

がんばる

きのう
いっぱいいっぱいいっぱい泣いたら
ふっと肩の力が抜けました。

ほんの1ミリちょっとの子どもが頑張ってるのに
大人の私が頑張れないでどうするの?
って

うまくいく可能性が低くても
金曜日まで
あまり悲しまないで普通の暮らしをして過ごそう って
自分の心と体を大事にすることが私の責任 って
やっと そう思うことができました。

不安や恐怖や恨みやねたみや焦りや孤独や悲しみや涙や自己嫌悪や
そんなふうなものは とりあえず金曜までは ぜったいに棚上げ。
(願わくばずっとどっかに行っててほしいけど…)


昨日 ネットをさまよっていて
ある掲示板で
私と同じようにARTの不妊治療をしている人が
「人生なんて、瞬間の連続だから、その瞬間だけ楽しんだらいいと思うよ。」
って書き込んでいるのを見つけて。

そうか私は
いまは 赤ちゃんの姿が人生ではじめて見えたことを
喜んでいたらいいんだ
って思いました。

先週は見えなかったのに
そこから頑張ってちょっとでも大きくなったんだものね。
いまは結果よりもそのことを見つめよう。

智栄さんがコメントで言ってくださったように
頑張ってる子どもを一生懸命誉めてあげようって思います。
[PR]
# by maroony | 2006-10-24 09:51 | 治療にまつわること

試練

7w0d

胸が張り裂けそうな
苦しい週末を
なんとか乗り越えて
今日は診察。

胎嚢は4ミリ大きくなっていて
卵黄嚢のちいさな輪と
赤ちゃんらしき姿も見えた。
けれど 週数からすると5~7ミリあるはずが
1.3ミリと とても小さいし
心拍も確認できなかった。
「動きは見えません」と
先生の苦い声。

エコーしてくれた先生も
お話をしてくれた先生も
渋い顔をして
「う~ん」と何度もうなってて

でも
また経過を見ましょう
ということに。

つぎは 金曜。

薄い氷の上に立たされている状況に
変わりは無いけど
いちばん恐れていた
真っ暗な
なにも入っていない胎嚢ではなかった。

姿を見せてくれて
ありがとう…。


一所懸命こらえてた涙を
診察室で我慢できなくなってしまって
すこし別室で休憩させてもらった。
看護師さんが
「つらいよね」って
少し話を聞いてくれたのがとってもありがたかった。
「あったかくして。無理しないで。」って言ってくれて
そうだ
自分のことを大事にしなくちゃ
って思い直すことができた。
自暴自棄にならないようにしなくちゃ…


先生の反応はすごく芳しくないので
望みは少ないかもしれない。


でも

なんとか

辛いけど母といっしょに乗り切ろうよ…
のんびり屋の赤ちゃん…
母ももっとがんばるよ…


いままで生きてきて
一番苦しい試練です。

息をするのも苦しい気持ち…

だけど深呼吸して
なんとか毎日生きないと。
しっかりしないと。
[PR]
# by maroony | 2006-10-23 15:03 | クリニックでの治療

つらいです…

今日のエコーの時点では
赤ちゃんは見えませんでした。
胎嚢は前より少し大きくなっているけど
それでも小さい

月曜に再診ですが

怖いです

怖くて怖くて


どうして私

すんなりいかないの?


まだあきらめたらいけないんだけど
涙がでて
苦しいです


何も入っていない胎嚢のエコーをみるのは
もうつらくて
つらくて
つらくて

怖いです


月曜までどうしていたらいいのか
もうどこかへ逃げたいです
[PR]
# by maroony | 2006-10-19 15:33 | クリニックでの治療

注射なし~

* 基礎体温 36.91℃ *

今日は ほぼ一ヶ月ぶりに注射に行く必要がなかった!

楽…だけど毎日通院してたほうが
なにかと細かいことを相談できるので
ちょびっと心細くもある。
注射の時に顔なじみの看護師さん
(といっても私が一方的におぼえてるだけ)に
「注射の跡のお尻のしこりが痛くって~」なんて
ひとこと言うだけでちょっと救われるところがあったので。

でも新たに痛いところが増えないのはとても嬉しい。
お尻が両方痛くて しかたなく腕にしてもらった時は
痛くて寝返りうてなくて眠りが浅かった。


昨日は 本当にひさしぶりに人心地がついて
安心してぐっすり眠れて…ほんと今までちょっと頭がどうかしてた感じ。
今日はお腹のしくしくも出血もおさまっています。
結局昨日はやっぱり出血が怖くて
2時間くらい仕事したあとずうっとごろごろ横になってた。
今日はやけに体調がよくて
朝から洗濯を2回して 仕事も全部終わらせた。
でも本来の締め切り一週間すぎてる…
仕事のパートナーの方の配慮でなんとかなりましたありがとうございます。

だけど体調がよすぎると それもちょっと不安だな…
ま 不安を抱えるのは当然だから 
不安に支配されないように気持ちをしっかりしよう。

どっちかというと家にずうっといるのは苦痛な性格なのに
今は家にいるのが一番安心。
いやな匂いもしないし すぐ横になれるし。
家事をあまり一所懸命してないんで散らかってるけど~まあそれは普段からだからね~。
[PR]
# by maroony | 2006-10-13 16:57 | 日々の生活

思いがけず

5w3d

昨日の夜から
暗赤色の出血が…!
今日になってもトイレにいくたび
ティッシュに500円玉大×2・3回 出血がつくので
注射だけの予定でしたが、診察してもらうことに。
(ホントは明日が診察の予定日)


そしたら!
胎嚢がひとつ確認できました!


昨日の夜から
病院行くまでは正直「このまま生理になるのかも…」と思っていて
かなり動揺している反面、しずかに諦観…といったかんじだったのですが…
なんとなんと!


判定後、はじめて
心から よかったあああ…! と感じることができました。


出血は この時期よくあるレベルのもので心配ないとのこと。
子宮口も卵巣も異常はなし。
出血はしばらく続くかもしれないけれど
飛んだりはねたりしなければ
寝たきり安静にしてる必要はないそうです。
(診察はN先生)
今日から毎日のプロゲストン50のかわりに
プロゲデポーを週2回になりました。
エストラーナは継続。
次は来週木曜に胎芽の確認です。
……前回は乗り越えられなかった壁……
…どうかどうか赤ちゃんの姿が見えますように…


昨日から 気は動転しているものの
涙は出ずに
私なんだか強くなったなー なんて思ってたのですが
帰りの電車では 嬉し涙がこぼれそうでした。

今度こそ赤ちゃんに会えるといいな~。
なるべくゆったりした気持ちで待とうと思います…
[PR]
# by maroony | 2006-10-12 13:17 | クリニックでの治療

ちゅうぶらりん

*基礎体温 36.92℃*

今日も注射。
昨日もらいそびれていた追加のエストラーナをもらう。
エストラーナ高い!一枚250円。


ここのところ東京は秋晴れで気温も高め。
体が冷える心配があまりなくて嬉しい。


今朝 今周期初めて
トイレでうっすらと茶色いオリモノを確認。
その後昼頃のトイレでもほーんの少しトイレットペーパーに茶色く数滴。
 

このまま生理になってしまったらどうしよー
って思って焦ったり

なるようにしかならん
って気持ちになったり…

子宮外妊娠でも出血するのかな??
どうなんだろう…でももう検索怖いし
仕事もあるから調べるのは やめだ。

いろいろほんとに怖いんだけど
反面なんだかずっしり構えているような
不思議な状態の今の私です…。
自分の感情の起伏に疲れて
オーバーヒートしちゃってるのかもしれまへん。


(前回のときは判定前から茶色のオリモノが出てて
ずっと心配ないよって言われてた。
結局 流産とも直接関係はなかったみたい。)


今日は英会話も休んで
仕事も超ゆっくりペースで。
夕飯はお惣菜を買ってこよう。
近所に割とおいしいお惣菜屋さんがあって助かる。
野菜食べたいものね。


この時期の出血は胎盤を作る際におこるものが多いそうなので
どうか母の心配をよそに中では赤ちゃんががんばって
お家を建てていますように……


判定後から つわりっぽい症状は出てるけど
(胸がたぷたぷ張る、下腹しくしく、匂いに敏感、食後気持ち悪い  など)
それだけだと正常妊娠だとは判断できないのよねー…
それでも 毎朝起きるとちゃんと胸が張っているかを一番に確認してしまいます…
[PR]
# by maroony | 2006-10-11 13:28 | クリニックでの治療

再検査

木曜日に88だったhCGは402まで上がっていました。

「まだ大丈夫とは言い切れないけど」って
何度も先生に言われてしまったけど
数値の上がり方としては悪くはないそう。

ひきつづき毎日プロゲストン50と1日おきエストラーナ。

次は金曜にエコー。


化学的流産…の可能性はなくなった…ってことかな…。
(先生はあまり専門用語で解説しないので
私もいつもあえて質問しないのだが…
先生は患者さんにとても配慮してる感じだからその意を尊重して。
聞かないほうが不安にならなくてすむこともたくさんあると思うし)


次の診察でお腹の中に胎嚢が見えたら
子宮外妊娠のおそれはなくなる。

でも前回はその次のステップにたどりつけなかったんだよね…。


やっぱり前回のことがあるので
なにもかもが怖い……悪夢がどうしてもよぎってしまう……
けど
とりあえず次の診察の日まではなるべく普通に普通に…

…むずかしいけども…。

なんにせよ、今月一杯はドキドキしっぱなしになるんだな。


(もし卒業できたら このブログは更新おしまい です。
始めたときから決めています)


旦那ちゃんがいてくれると大分落ち着くので
早く帰ってきてくれるといいな~。
[PR]
# by maroony | 2006-10-10 12:41 | クリニックでの治療

判定日 (その4)

判定の結果…中途半端な結果です。

尿検査では陽性なんだけど
hCGが100以上が望ましいところ
88あまり。

まだどちらともいえない、とのことです。

火曜に再検査。

エストラーナと黄体補充の注射は続きます。


ではまた火曜に…
[PR]
# by maroony | 2006-10-05 16:05 | クリニックでの治療