人気ブログランキング |

コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ET(胚移植)予定日 (延期決定)

 周期14日目 * 基礎体温36.65℃ *

今日の注射 プロゲストン50mg


びみょうに体温下がってる…
今朝右ひざが布団から出てて冷えてたせいかなぁ…そろそろ毛布の厚いのも出さねば。
今日のTVは朝からのりぴーの結婚式の話題でもちきり。

採卵からずっとお腹がこわれっぱなし。
そのうち直るだろうと思ってるけど、ちょっと不安。
なんとか直したくてクリニックの前にお灸に行った。
あたたまって少し良くなったなあと思ってたら
クリニックへ出かける直前から左下腹部~足の付け根がひきつれてかなり痛くなってきた。
卵巣が腫れてるんだな…。
脂汗かきながらクリニックへ。

おしっこを溜めるためにお茶を飲みつつ待合室で待ってると
すこし痛みがひいてきた。
採血をしてもらい、ホルモンコーディネーターの方からこれまでの経過説明があった。
採卵までのホルモン値は順調だったみたい。
毎日の採血の結果が細かな表になってて、
しっかり見てもらってたんだなぁと思ってありがたかった。
卵巣が腫れてることがあると思います、といわれたので
実はさっきから痛いんです、と報告。
胚移植の前に検査しますから、とのこと。

そのあと院長先生に呼ばれる。
いよいよ胚移植かと思いきや、
「5日目まで培養して、胚盤胞にしましょう」
…え!
思ったより卵の状態と数が良いらしい。

また、年齢とか卵の状態とかをかんがみて、
1つだけ戻すのが最善です、と確信に満ちた様子で院長先生はおっしゃった。
双子ちゃんの可能性はなくなるけど。
今回もしだめでも、凍結受精卵ができるので
次回以降の体の負担はだいぶ減る。

そういうわけでETは木曜に延期になった。
またがんばっておしっこためよう。


吉報が多くて、喜びたい気持ちもいっぱいだけど、
胚盤胞移植を何回かトライして授からなかった友人夫妻もいる。
子どもはほんとに授かりもの…。
ここは慎重に、気持ちを落ち着かせなければ…。


…とはいえ、もらってきた受精卵の写真を見てうれし泣きしそうになった。
かわいいよきみたち。
受精できなかった卵ですらかわいいよ。

受精の一報を聞いてから
母のきもち みたいなのが湧いてきてて
自分でもフシギ。
がんばれがんばれ胚のしょくん。


それから、わたしのぶんの染色体検査の報告書ももらった。
自分の染色体見るのなんて、はじめて。
治療をしなかったら見られなかったものいっぱいあるなー。


 * 今日の晩ごはん *

・昼間作っておいたクリームシチュー
・オクラの黒ゴマおかかあえ : さいきんオクラがマイブーム。
by maroony | 2005-11-15 08:42 | クリニックでの治療