コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

試練

7w0d

胸が張り裂けそうな
苦しい週末を
なんとか乗り越えて
今日は診察。

胎嚢は4ミリ大きくなっていて
卵黄嚢のちいさな輪と
赤ちゃんらしき姿も見えた。
けれど 週数からすると5~7ミリあるはずが
1.3ミリと とても小さいし
心拍も確認できなかった。
「動きは見えません」と
先生の苦い声。

エコーしてくれた先生も
お話をしてくれた先生も
渋い顔をして
「う~ん」と何度もうなってて

でも
また経過を見ましょう
ということに。

つぎは 金曜。

薄い氷の上に立たされている状況に
変わりは無いけど
いちばん恐れていた
真っ暗な
なにも入っていない胎嚢ではなかった。

姿を見せてくれて
ありがとう…。


一所懸命こらえてた涙を
診察室で我慢できなくなってしまって
すこし別室で休憩させてもらった。
看護師さんが
「つらいよね」って
少し話を聞いてくれたのがとってもありがたかった。
「あったかくして。無理しないで。」って言ってくれて
そうだ
自分のことを大事にしなくちゃ
って思い直すことができた。
自暴自棄にならないようにしなくちゃ…


先生の反応はすごく芳しくないので
望みは少ないかもしれない。


でも

なんとか

辛いけど母といっしょに乗り切ろうよ…
のんびり屋の赤ちゃん…
母ももっとがんばるよ…


いままで生きてきて
一番苦しい試練です。

息をするのも苦しい気持ち…

だけど深呼吸して
なんとか毎日生きないと。
しっかりしないと。
[PR]
by maroony | 2006-10-23 15:03 | クリニックでの治療