コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

望児

こないだ目にしたんですが
不妊治療をする外来のことを
「望児外来」という名前にしている病院も
あるそうですね!
うっわ~~♪
いい響き…望児…誰が考えたのかなぁ。
一発変換できないので 一般名詞ではないようですね。
すごい思いやりのある先生が考えたんだろうな。

不妊…なかなか出来ない事を 外から宣告されちゃったかんじ
望児…患者の気持ち・状態を患者の側から言い表してる

って印象をうけます。
字面からして望みがある感じだよね。望児…いいわぁ。


いまのところ うちの望児計画は

・不育症の検査
(必要なら専門の病院さがし。候補は3つくらいまで絞ったけど迷い中)

・夫の精子凍結
(さいきんしょっちゅう出張なので…
いざという時にスケジュール調整が難しく
前回みたいにそれでハラハラするよりは
貯蔵(笑)しといたほうが気が楽だから。
気が楽って卵さまにもきっといい影響だもん。
採卵日に運良く行けるようだったらフレッシュでお願いする)

・木場で採卵からICSI
(前回のとっておきの凍結胚盤胞があるけど
夫の海外赴任が来年ある線が濃厚なので
いくつか凍結しておきたい というのが本音。
どうせ採卵するなら少しでも若いうちに、とも思うし)

てとこですね。

するべきこと と 考えても仕方ないこと
がだいたい分かってるので
最近あんまり思いつめてないです。
(それも治療暦のなせる業だと思うと 微妙な気持ちだけども)
治療がはじまっちゃうと どーしてもドキドキだけど
しばらく のほほんと参りましょう。


昨日は深夜まで仕事してなんとか片付けて
今日は高校時代の友人と銀座でごはんを食べたり。
いつも生き生きしてて頭のいい友人です。
お母さんが癌と分かり 辛い状況なのに
とても前向きでした。
(もっとも、家族以外に会うのはほんとに久しぶりなの、とは言ってた。
あんまり辛いときは友達に会うパワーもないもんね…わかる。
やっと友達に会いたくなってきた時期がぴったり合って
お互いラッキーだったのでした)

彼女
「めそめそするより、楽しいことして気分転換したいタイプなの」
って言ってて。
私は35年生きてて最近やっと そういう考え方が自然にできるように
なってきたばかり。
その子は高校時代からそういう性格だったな。
問題を冷静に分析して 自分でどうにも出来ないことは考えない。
くよくよしたって無駄。
見習いたいです。

そんなわけで
ワインの話とか読書の話とか筋トレの話とか
高校時代よりは私たちも賢くなったんじゃない?とか
楽しいことメインに話して。
お菓子屋さんとかパン屋さんとかのぞいてちらちら小物をお買い物。
いいねいいね。
[PR]
by maroony | 2006-12-07 09:34 | 治療にまつわること