コドモおいでおいで!な不妊治療の記録。☆治療暦:約2年半☆AIH3回。初IVF→×。2度目の凍結胚盤胞ETで陽性→稽留流産。2回目ICSI→稽留流産。再挑戦もくろみ中♪


by maroony
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2006年 07月 05日 ( 1 )

フクザツな水曜日

先週はスクールホリデーだったので
2週間ぶりの英会話の日。
楽しいんだけど
どーしてもどーしてもクラスメイトの妊婦さんが気になって…
お腹がちょっと大きくなってました。
わたしも順調ならああだったんだ…ってやっぱりやっぱり思ってしまう。
ちょっと苦しい。


しかたがないよね…


そんでもって、またもやお茶をパスして脱兎のごとく家路につきました。
家に帰って
お茶仲間のもう一人のクラスメイトの携帯に
事情を書いたメールを出して(出すかどうかしばらく迷ってたんだけど)
「(わたしのこと)最近忙しいみたい」ってことにしておいてね、ってお願いしておきました。


なんかこう最近
流産したこと自体というよりも
周りに理解者がいないのが辛いようなかんじになっていて。
…そういう状況って私にとって実はちょっとトラウマなんだな。

中学生の時に母が倒れて
以来ずっと病気で
高校3年で亡くしたんだけど
そういう思いをしてる子って同級生にはいなくて
誰にも心を開いて相談できなくて
一人で抱えるしかなくて

今は友人のなかにも
大切な人を亡くした経験のある人は何人もいて
(夫もお父さんを亡くしてるし)
話もできるはずなんだけど

どうしても
追い詰められると
「だれもわかってくれない…!!」
「なんでわたしだけ…?!」って
中学生の私がぐずり出す。
(思春期特有のアレだと思ってたけど
そういや私はちょっと特殊といえば特殊な環境だったんだわ…
って普段は忘れてるほど乗り越えてるんだけどね~)

体調のいい時は大人の私がなだめてるんだけど
どうもやっかいですこの中学生。
(多重人格なわけじゃないけど)

でもようやっと自分がどういう状態なのか
冷静に分析できたので落ち着いたな。



うっとおしい亡霊みたいについてくる
わたしの中の中学生。

でも愛してあげよう。
自分にしかできないことだから。

傷つきやすくて感じやすい
孤独で頑固な
彼女がいるから
今の私は ものづくりの仕事が出来てるのかもしれないし。


孤独はなにも悪いことばかりじゃないよ
何かを生み出す場なんだよ
さみしがりやな中学生の私



もし
子どもがいたら
気持ちが自分の中だけに向かわず
もっとシンプルな気持ちでいられるのかな?
大学時代にどちらかというとナイーブだった友達は
「子どもができてから、それほどには落ち込まなくなったし
寂しくなくなったよ」って言ってた。

楽しみだね。

未来に希望を持とう。


明日っからもうちょっと普通の日記書こうかな…暗いよね(笑)
[PR]
by maroony | 2006-07-05 16:23 | 治療にまつわること